朝からお笑い最終週「おはよう歌一番」永井みゆきクロストーク
日記

朝からお笑い最終週「おはよう歌一番」永井みゆきクロストーク

ラジオ日本「おはよう歌一番」のこのコーナー
お相手は加藤裕介アナです。



「大阪恋あかり」1コーラス

木曜クロストークのコーナーです。

永井みゆきさんと共におおくりして参ります。
まずは「大阪恋あかり」聴いていただきました。
おはようございます。

“おはようございます。永井みゆきです。宜しくお願いします。”

8月から木曜クロストークのコーナーということで
一緒にやっていただきましたけれども、
あっという間で今日がラストという

“そうーですね~わーホントにありがたい(笑)”

いやいやいやいや

“ホント速いですね”

そうですね、まだ、暑さが始まったかなあという
季節でしたけれども

“そうですね、もうすっかり秋で、(笑)はい”

ああでもホントに、色んな、永井さんの話を聞かせていただいて

“ありがとうございます。
なんか天気の話が多かったみたいで、
なんか雨女の話が多かったように思いますけど”

いやでも結構ね、ラジオを聴いてる皆さんも
朝からお笑いになったんじゃないかと思います(笑)

“そうですか(笑)ありがとうございます。”


この夏もね、色んなことを経験されて

“そうですね、この「鳴り砂の女」で全国キャンペーンお邪魔しまして、
で、あのこの歌の舞台になっております琴ヶ浜にも伺いましたし
で、今年は25周年ということもあって、ファンの集いがあったりとか
後はちょっとコンサートがあったりとか、
あのファンの皆さんとのツアーもこの「鳴り砂の女」の舞台の
石川県能登の方に皆さんで旅行に行ったりとか、ていう感じで
ホントに皆さんへの感謝の気持ちを伝えるそういう
あったかいステージが多かったかなあと思います。”


なるほど、「鳴り砂の女」の曲の手応えも感じられたんじゃないですか

“そうですね、この曲は本当にドラマティックな歌なので、
女性の方がですね、男性の方も歌って下さるのですけど、
私キーが結構ちょっと高めなので、
男性の方で歌って下さる方意外と多くて、
で、男性は渋い「鳴り砂の女」を歌って下さるのですけど
女性の方はホントにドラマの主人公になったような感じで、
ドラマティックに歌い上げて下さるというか色っぽさもあって
で、前奏からサックスの音で始まるのですけど、
凄い盛り上がる前奏なんですよね、
なのでホントに皆さん大きくフリをして、
なんか結構ドレスで歌って下さる方が多いですけれども、
この曲のイメージなんですかね、
私は着物で歌わせていただいてますけれども、
結構ドレスで、凄い華やかなドレスで歌って下さる方が多くて
素敵な歌声をいつも聴かせていただいていおります。”


でも、25周年というひとつの区切りの時に
いい曲と巡り会えましたよね

“そうですね、ホントに新しい世界といいますか、
三連の楽曲というのも初めてですし、
作詞作曲をしていただいた建石一先生と徳久広司先生にも
初めて書いていただきましたし、
で、歌の舞台になっている
石川県能登を歌わせていただくのも初めてということで
ホントに初めてのことが沢山あって、
新しい世界を作れるんじゃないかなと思っています。”

あのカップリングの「大阪恋あかり」も、
これは又逆に永井みゆきさんぽいというか

“そうですね、やっぱりデビュー曲の「大阪すずめ」を
思い出しますね~と言って下さる方多いんですけど、
作詞の建石一先生がこの曲は主人公の女性の相手の男性は
芸人さんの宮川大輔さんをイメージして
書いたんだよっていうふうにね(笑)”

ああ、なるほど、へー

“先生が言って下さったので、もうレコーディングの時から
いつも歌う時には宮川さんをイメージして、
宮川さんが☆うまい!~ておっしゃってるのが
先生のイメージなんですって、
この歌詞にもうまいとおどけると出てくるんですけど”

ははは(笑)ホントだ、へー

“それをイメージしてっていうふうにおっしゃって先生が、
で、そのお話をしましたらファンの方が
団扇に宮川大輔さんの写真を貼ってきて下さって、
で、この曲を「大阪恋あかり」を次聴いて下さいと言うと、
その団扇を出して皆さんが振って下さるんですよ、
だから思い浮かべなくても、もう目の前に宮川さんが
何人もいらっしゃるみたいな感じで(笑)
楽しいですね”

はは(笑)面白いですね、ファンの皆さんね

“そうですね、色々と考えて、曲毎に色々と、
なんか「よさこい時雨」という曲の時は
鳴子が歌詞に出てくるんですけど、
鳴子を出してリズムをとって鳴らして下さったりとか
「だんじりの女房」の時はそりゃそりゃという掛け声を
入ってないんですけど皆さんオリジナルで
間奏で付けて下さったり、
1曲1曲皆さん色んな応援をして下さるので(笑)
楽しみですよね”

一体感あっていいですよね

“はい”


そうですか、今年も残りわずかになりましたけれども、
この先もお忙しいと思いますけれども

“そうですね、これからもまたこの「鳴り砂の女」が
25周年記念曲ということで新しい私の代表作になるように
精いっぱい歌っていきたいなと思っているんですが、
またディナーショーの方も、大阪の方で予定しておりまして、
そちらの方でも皆さんとお会いできたらなと楽しみにしております。”


それでは最後になりますけれども皆さんに聴いていただきますか

“はい、この「鳴り砂の女」
歌の舞台になっております石川県能登の琴ヶ浜行って来ましたけれども
歌詞の中にあるように踏みしめると砂がきゅっきゅっと
女性が泣いているような音がしまして
ホントに切ない女心を歌うにピッタリの場所だなあというふうに思いました。
ぜひ皆さんこの「鳴り砂の女」聴いて歌って応援してください。
では永井みゆきの25周年記念曲「鳴り砂の女」聴いて下さい。”

3か月ありがとうございました。

“ありがとうございました。”
鳴り砂の女
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2016-04-27



永井みゆき2017年全曲集
永井みゆき
テイチクエンタテインメント
2016-10-19

 
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こちらでも公開中です
プロフィール

みゆきシンクタンク

  • Author:みゆきシンクタンク
  • 初めまして 新潟のなみゅらー
    永井みゆきさんファンの
    みゆきシンクタンクです。

    このHNは以前ラジオ番組
    「歌うヘッドライト」
    みゆきさんが担当した頃の
    私のラジオネームなのですよお。

    ゴロでつけたので特に総研勤務って
    ことではないのですが(笑)

    このブログでは永井みゆきさんの愛称を
    2014年末までみゅーちゃんとして
    おりました。
    これはファンサイトで私が呼びかけ
    募集した中で唯一賛同票があった
    「ミュー」からきているものでしたが
    まったく定着することもなく、
    2015年からはみゆきちゃんへ(笑)

    もちろんみゆきちゃん中心のブログ
    なのですがみゆきちゃんと共に
    頑張っている若手歌手の話題も
    どんどん記事にしていきますよお~
amazonアソシエイト参加中
みゆきちゃんリンク

  • トリプルセブンさんのみゆきちゃんHPです
  • 空の貴婦人
  • 愛のパラシュートさんのみゆきちゃんHP
  • すずめでヨイショ!  

頑張れ!!!「レインボーうさぎ組」!

リンク
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近のコメント
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

おすすめです

ブログ内検索
FC2ブログランキングに参加中です

FC2ブログランキング